クーペリアンフィラソフィー 攻略 討伐ボス

Anti-Belphetanトップクーペリアンフィラソフィー>攻略 討伐ボス
討伐ボスは、ポストで討伐情報を入手すると出現する。
討伐情報は、ストーリーを進めると入手できるようになる。
倒さなくてもストーリーは先に進められる。
基本的には、討伐情報が手に入る時点で
倒せるぐらいの強さで調整されているが、
終盤のもの等は例外。

猛毒!ゲロンダイガー
ユシカネェの森、北側中央あたりにいる。
書いてあるとおり、毒状態にしてくるので対策しておくと良い。
物理攻撃がメイン。
暗黒のシャドービースト
ユシカネェの洞窟、B2Fの隠し通路を進んだ先にいる。
物理攻撃と闇属性魔理術がメイン。
暗闇状態にしてくるので対策しておくと良い。
闇属性が無効で光属性が弱点。
頑強なるイワナ・ゲッゾ
ヤマンチュ山の、岩が多いところにいる。
地属性が無効で風属性が弱点。
物理攻撃メイン。魔理防御は低め。
危険なアルジュ・ハーチ
インマの森、南側の少し大きな池周辺にいる。
誘惑攻撃がメインなので対策は必須だが、
防止無効の絶対誘惑をしてくるので、
すぐに治療できる術を用意しておくこと。
地属性に弱い。
黙殺のダマラン
火炎洞窟B3F、中央の階段の東辺りにいる。
沈黙にしてくるので、魔理術メインで攻めるなら
対策をしておくと良い。 地属性無効。
死神デスダ・ケデスダ
ノドッカ村跡の西側にいる。
即死攻撃しかしてこないので対策は必須。
また、物理攻撃は無効。
電撃のシー・ビレッゾ
海の洞窟B3Fの、西側にある渦巻状の通路の先にいる。
物理攻撃、電撃攻撃がメイン。
雷、水は無効で、毒、睡眠が効く。
踊るブランデー
ファーテルバディア城のB1F、南側にいる。
同時に混乱と睡眠と麻痺になる攻撃をする。
炎属性が弱点で物理が効きづらい。
催眠術師ネローニャ
某屋敷の地下、牢獄エリアにいる。
光と闇の魔理術攻撃、睡眠魔理術をかけてくる。
睡眠が有効。低確率で沈黙も有効。
暗闇も効くが物理攻撃をしないので意味がない。
冷徹なるフィアスケーター
某屋敷の地下、死体保管エリアにいる。
氷属性の攻撃がメインで、敏捷性も高い。
暗闇、混乱が有効で、氷が無効で炎が有効。
神域の怪物
メインストーリー中のイベントシーンでも登場しており、
同じ場所にいる。つまり某屋敷の地下、橋にいる。
物理攻撃がメインだが、
フタエルビー・レトスノムは物理、魔理両方含むので注意。
灼熱のワイズマン
某屋敷の地下、溶岩エリアにいる。
炎属性の魔理術と通常の物理攻撃をする。
よって、炎属性は無効で、氷属性及び水属性が効く。 残りHPが25%を切ると、
物理・魔理攻撃が1.5倍、物理・魔理防御が半減する。
名前負けずのバハムート
地下水道の南側にいる。
防止無効の絶対暗闇を使う。
雷が効く。
暴飲暴食ヤメロッテ
ファーテルバディア城2Fの食堂にいる。
暴食ヤメロッテと暴飲ヤメネッテのコンビ。
それぞれ、HP吸収攻撃とSP吸収攻撃をしてくる。
錯乱のヴォケテッゾ
ヤマンチュ村、北側中央の家にいる。
光と闇の魔理術攻撃、混乱理術をかけてくる。
防止無効の絶対混乱が厄介。
不動のウゴック・メーニャレ
研究所にいる。
敏捷性が極端に低いが、一度行動すれば確実に全滅する。
行動する前に倒すこと。
風雷姉妹
ユシカネェ村の井戸の北辺りにいる。
風神フーカと雷神ライカのコンビ。
それぞれ風、雷属性が無効。
物理・魔理両方含む攻撃を繰り出す。
雷神ライカはブレイクガード特性があるので、
ブレイクが目的なら風神フーカを狙うこと。
雷神ライカは誘惑攻撃もするので、対策しておくとよい。
鉄壁!マジカ・テーナ
ノドッカ村跡の東にいる。
物理・魔理防御共にもの凄く高い上に、
防止無効の絶対混乱に加え、
コンボ数交換やコンボ数吸収などもする。
毒が有効。
連勤術士ヤスマ・センゾー
火炎洞窟B3Fの東の隠し通路の先にいる。
忙殺のシャッチク4体と共に出現する。
シャッチクはセンゾーの号令で
やる気になったり、失踪したり、増員されたりする。
シャッチクがたくさんいると厄介なので、数を減らすことを優先し、
余裕が出たらセンゾーにも仕掛けると良い。
豚食いの姉妹
ユシカネェの小山に現れる。焼豚ウンメェナより参戦。
元のゲーム並みにメチャクチャな性能を誇る。
ブレイクガードはルリにしかないので、
ブレイクはヒナで狙うこと。
inserted by FC2 system